【体験談その6】ブラック企業夏のイベント、地獄の海研修~俺たちに夏はない~

スポンサーリンク
ブラック企業 転職のススメ

前回のつづきです。

【体験談その5】ブラック企業の仕入れ研修~魚20キロ担いで電車でGO~
前回のつづきです。前回の記事では、入社から半年間のOJTの経験について記載しました。今回は、OJTの番外編のようなお話になります。飲食業界のブラック企業に入社すると仕入れの仕事でとん...

前回の記事では、OJT期間に体験した仕入れ研修についての記事でした。

どちらかというと今回も番外編寄り。

OJT期間に起こった、A社伝統の海研修の出来事の記事になります。

ブラック企業に入社してしまった場合、

夏は海に強制連行されるかもしれません。

【第二新卒の転職相談をしてみる】

【退職代行サービスに相談してみる】

ブラック企業夏のイベント、地獄の海研修~俺たちに夏はない~

7月1日。

毎月初恒例の新卒全体集合の日です。

例のホテルで総務人事課長から7月のスケジュール表が渡されます。

スケジュール表を確認する新卒一同。

この頃は各自OJT先の店舗に通っているので、

当然ですが全員の休みはバラバラです。

ところが、

大卒K(菅生と一緒に調布店でOJTを受けている)とスケジュール表を確認し合ってみたところ、

二人とも7月20日が休み。

人手不足の調布店で、二人が同時に休み?

ちょっと考えにくいですが、

たまたま人員の整理がついたのでしょうか?

と、思いながら周囲の様子を伺っていると、

7月20日、なぜか全員の休みが被ってるようです

そんな偶然あり得るのか・・・?

おそらく全員がそう思っていたその時、

総務人事課長から耳を疑いたくなる言葉が発せられます。

総務人事課長
総務人事課長

7月20日はみんなで海に行くぞ。社長や営業本部長等のお偉いさんも一緒だからな、公休と書いてあるけど、予定を空けておくように。なお拒否は認められない。

若輩者の立場からこのような発言は心苦しいのですが、

それって公休じゃなくて仕事じゃない?アホ総務人事課長さん。

ちなみに、

  • 7月15~19日は仕事
  • 7月20日が海
  • 7月21~25日も仕事

つまりは11連勤です。この状態でよく公休とか言えるな。

話によると、

「仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事がある」という考え方を是とするA社では、

毎年夏に役員と新入社員が一緒に海に行き思い切り遊ぶ、という伝統があるようです。

なお、その際の段取りなどは全て新入社員が行うとのこと。

諸々の手続きを行わせることが研修の一環になるという考えかもしれませんが、

こちらの立場からすればただの役員向け接待です。

挙句に、ただでさえ毎月公休日数が減っていっている中

さらにそのうち1日は海に強制連行という暴挙。

気分は島流し寸前の捕虜です。

総務人事課長
総務人事課長

というわけだから、今のうちから担当を割り振っておくように。仕事の成果は全て準備がものを言うからな。

不手際まみれのあんたに言われたくないという気持ちをこらえて、

その場で大まかに担当を決定しました。

ざっくりとした担当は以下の通り。

  • E班長:当日の参加人数(参加者)の確認
  • C班長:高速バスと当日の場所の手配
  • 高卒男:食材などの調達と当日のレク
  • 女性社員:当日のお菓子作り

なお菅生と大卒Kは調布店の長時間勤務を理由に担当を外してくれることになりました。

まぁ、対応する時間ないしね。

各自が責任をもって自分の担当業務を行うように、

ということでその日の集まりを終えました。

出発8時間前の段階で準備不足

7月19日の22時ごろ。

いつも通り調布店で仕事をしていると、店宛に電話が。

調布店長
調布店長

菅生、お前の同期から電話だぞ。

同期なら菅生の連絡先を知っているはずなのに、わざわざ店に電話?

この時点でなんか嫌な予感がしますが、とりあえず電話に出ます。

C班長
C班長

よっ、修ちゃん。元気にやってる?

電話の相手はC班長でした。

仕事中の時間なので、プライベートの連絡先だと連絡がつかないかもしれないとのことで、

確実に捕まえられるように店に電話したとのことです。やっぱり嫌な予感がする。

C班長
C班長

仕事終わった後、社員寮まで来てくれない?

菅生
菅生

え、何かあったの?

C班長
C班長

それがさぁ、高卒の奴ら明日の準備何もしてないみたいで、このままだとやばそうだから手伝ってやれって、総務人事課長から連絡があったんさ。

嫌な予感は的中しました。

海研修という名の役員の接待は明日だというのに、

まさかの何も準備してない宣言。

こいつら間違いなく夏休みの宿題を最終日までやらないタイプです。

つか、明日というかもう8時間後くらいには出発するんだけど。

つか、総務人事課長お前も手伝え。

C班長
C班長

とりあえず、おれはもう仕事上がるから、いまから寮に向かうさ。修ちゃんも仕事終わったら来て。

というわけで、9-0時の15時間労働を終えた後、社員寮に行くことになりました。

そして、これから明日の準備をするということは、今夜は徹夜になりそうです。

ちょっと休ませてくれ・・・

ごみ溜めと化す社員寮

調布店の営業を終え、終電で社員寮に向かう菅生。

到着した時、すでに時刻は深夜1時。

C班長はとっくに到着しているはずであり、

ワンチャンすでに準備終わっていないだろうか、という甘い期待を抱きます。

15時間のOJTを終え、既に疲れ切っているゆえ、

まったく気乗りしない中、意を決して寮の中に入ります。

すると、ありえない異臭が。

ドアを開けて一歩足を踏み入れただけなのに感じる異臭。

はっきり言って、人が住む場所とは思えません。

1Fの高卒フロアまで足を進めると、眼に入ってきたのは

それなりに掃除されたリビング、

部屋の端には大量のゴミ袋、

そして床に倒れこんだ同期たち。

菅生
菅生

・・・お前ら何してんの?てか、よくこんなクサいところにいられるな。

C班長
C班長

これでも2時間かけて死ぬほど掃除したさ。

話によると、

社員寮に高卒たちが住み始めて約4か月、

その間誰も掃除をするものがおらず、凄まじく荒れ果ててしまったとのこと。

C班長が社員寮に到着したのは22時半ごろ、

あまりの寮のヒドさにまずは全員で掃除するぞ、

ということになり、2時間かけて掃除。

その結果多少はマシになり、そこへ菅生が到着したようです。

菅生
菅生

そ、そうか・・・お疲れ・・・

C班長
C班長

掃除前の寮を見てほしかったさ。

マジで酷かった。

マジで酷かった。

マジで酷かった。

思わず3回も繰り返してしまうくらい、

マジで酷かったようです。

徹夜で準備、そして高卒からクーラーボックスをカツアゲ

と、ここで菅生には一つ疑問がありました。

2時間かけて掃除していたのは良いですが、明日の準備は?

何となく予想は出来ますが、一応聞いてみます。

菅生
菅生

つか、明日の準備はどうなった?

C班長
C班長

今からするさー。

やっぱり。

というわけでようやく明日の準備に入ります。

C班長
C班長

まず買い出しだな。おれ、修ちゃん、E班長のグループに分かれて必要なものを買ってこよう。

菅生
菅生

あれ?E班長いたの?

E班長
E班長

いるわ!C班長と一緒に掃除手伝ってたよ。

どうやらゴミに埋もれていたようで気づきませんでしたが、

E班長も22時半くらいには到着していたようです。

C班長
C班長

じゃ、おれのグループが食材、修ちゃんのグループが飲み物、E班長のグループが紙皿とか紙コップ、あとは当日のレクに使えそうなもの。

というわけで高卒をそれぞれ引き連れ買い出し。

C班長グループは肉のハナマサ、

菅生グループとE班長グループはドン・キホーテに向かいます。

買い物が終わり時刻は深夜2時半。

それぞれのグループが寮に戻り、買ったものをチェックします。

食材は大量の肉、魚、野菜、

飲み物はビール、ソフトドリンク、

備品に紙皿、紙コップ、レク用のビンゴゲームなど。

C班長
C班長

完璧さー。

E班長
E班長

食材を冷蔵庫に入れとこう。

菅生
菅生

もう3時か・・・C班長、出発何時だっけ?

C班長
C班長

新宿駅に7時に着くように出るさー。

菅生
菅生

じゃあ3時間くらいは寝られるかな・・・みんな少し休もう・・・

ようやく休息が取れる、

と思った矢先、菅生の班の副班長からこんな一言が。

副班長
副班長

修さん、この食材どうやって持っていくの?肉とか魚とかは冷やさないといけないし、野菜は現地で切ると効率悪いよ。

菅生
菅生

・・・

C班長
C班長

・・・

E班長
E班長

・・・

気持ちが休息に向かっていた3班長は絶句、

しかし副班長の言うことは無視できません。

なにせ、食材を運ぶためのクーラーボックスが無い。

ていうか、今更気づくとか無能すぎるだろ俺たち。

どうするかと話し合う3班長。

とりあえず、なにか保冷できそうな入れ物は無いかと寮の中を探します。

すると、1Fのベッド横にクーラーボックスが。

E班長
E班長

あ!クーラーボックスあるじゃん!

菅生
菅生

よし、これ使おう。

巨漢
巨漢

菅生さ~ん、それ俺のクーラーボックスなんです~。

なぜベッド横にクーラーボックスが?

とは思いましたが、どうやらこれは巨漢の私物のようでした?

菅生
菅生

クーラーボックスなんて何に使ってんの?

巨漢
巨漢

キッチン2Fだし、階段上り下りするのだるいから飲み物とか入れてるんですよ~。

菅生
菅生

だから太るんだよ!中身出せ、それ明日使うぞ。

巨漢
巨漢

えぇ~!?

いかがでしょう皆さま、

菅生もだんだんA社のパワハラスキルが身につきつつあります。

菅生
菅生

他にもクーラーボックス持ってるやついるか!?

呼びかけたところ、

E班にも一人クーラーボックス保持者が。

こいつらものぐさすぎるだろ。

C班長
C班長

おーい、キッチンの棚にデカめの発泡スチロールがあったさー。

2Fに上がると、

菅生が魚20キロ担いだ際と同じくらいのサイズの発泡スチロールがありました。

これで、食材を収める箱は問題無さそうです。

副班長
副班長

よっしゃ、あとは食材切って出発前に収めるだけだね。調理師免許持ってる高卒が2人いるから、そいつらと俺と3人でやっとくよ。修さんたちは休んでて。

な、なんて良い班員だ・・・

ものぐさな他の高卒たちに見習わせたいくらいです。

巨漢なんてもう寝てるし。

時刻は4時。

出発前の最終チェックをするためにも、

3班長は5時半に起きようということになりました。

わずか1時間半ですが、しばしの休息です。

いつのまにかE班長=海研修統括責任者

朝7時。

新宿駅にて集合します。

バスの出発は7時15分の予定。

7時の時点で集まっているのは、

新卒一同、総務人事課長、

そしてなぜか既に営業本部長もいます。

営業本部長
営業本部長

おい、E班長。

E班長
E班長

は、はい。

営業本部長
営業本部長

今日の段取りは完璧か?

E班長
E班長

は、はい。抜かりなく準備してます。

菅生
菅生

ついさっきまでグダグダだったけど

C班長
C班長

抜けだらけさー

営業本部長
営業本部長

よし、わかった。社長もいらっしゃるからな。抜かりなく頼むぞ。

E班長
E班長

はい、かしこまりました。

営業本部長
営業本部長

抜かりないと言った以上、自分の発言に責任を持ってやるんだぞ。

E班長
E班長

は、はい。

朝イチからプレッシャーをかける虎の営業本部長、

E班長はすっかり営業本部長アレルギーです。

出発5分前。

社長が到着します。

社長
社長

待たせてすまない、もう全員そろってるのかな?

営業本部長
営業本部長

社長、とんでもありません!おいE班長、これで全員か?

E班長
E班長

は、はい!全員いるはずです。

営業本部長
営業本部長

いる「はず」だと?なんだ、その曖昧な返答は!お前には責任者の自覚が足らん!

はて、責任者とは?

今回の海研修、いつのまにかE班長が統括責任者になっていたようです。

矛先を向けられているE班長は気の毒ですが、

ちょっと肩の荷が下りた気がした菅生、C班長、総務人事課長は内心安堵しています。

社長
社長

まぁまぁ、営業本部長。もう時間だし、バス乗ろうよ。

営業本部長
営業本部長

はい!どうぞこちらへ!おい、E班長。バスの座席表はあるのか?

E班長
E班長

は、はい。こちらです。

営業本部長
営業本部長

なぜ事前に配布しておかないんだ?お前には段取りをイチから指導する必要があるな。

E班長
E班長

・・・

いつも通りねちっこく説教されながらも、

バスに乗り込むE班長と菅生ら同期一同。

座席の最前列、

バスの運転手後ろの席に社長と営業本部長、

通路を挟んだ横の席にE班長と総務人事課長が座ります。

残りの新卒一同と総務人事課長は、座席表はあるものの実質自由席。

菅生とC班長は一番後ろの席でひっそりと息を殺します。

理解不能の提案、2度目の自己紹介と将来の夢の発表

全員が乗り込んだところで、バスが出発。

行先は千葉県の富津海岸です。

走行中のバス車内。

まずは総務人事課長が朝の挨拶を行います。

総務人事課長
総務人事課長

改めまして、おはようございます。本日はA社伝統の海研修ということで、みなさん、楽しい一日にしましょう。

そんな伝統無くなればいいのに、と新卒の誰もが思いましたが、

追い打ちをかけるように総務人事課長がくだらんことを言いだします。

総務人事課長
総務人事課長

えーと・・・じゃあまずは新卒のみんな、自己紹介と将来の夢や目標を大きな声でお願いしましょうか。

それ、入社式でもやったよね?

しかも、親からのサプライズの手紙を台無しにするタイミングで。

【入社式の記事はこちらです。】

相変わらず新卒をしらけさせるのが得意な総務人事課長ですが、

そんなことはお構いなし進行します。

総務人事課長
総務人事課長

じゃあまずは、E班長から。

E班長
E班長

は、はい・・・みなさん、おはようございます、E班長です。最近の目標は・・・

営業本部長
営業本部長

E班長、声が小さいぞ!

なんと自己紹介の最中に繰り出される愛の鞭。

いうまでもなく、E班長は委縮してさらに声が小さくなります。

C班長
C班長

なぁ、修ちゃん・・・

菅生
菅生

ん?

C班長
C班長

営業本部長、やたらとE班長にきついけど、なんかあったん?

菅生
菅生

営業本部長はだいたい新橋店にいるから、そこでE班長は普段からやられてるらしいよ。

C班長
C班長

そっかぁ、あれはきついさー。

【E班長がやられてる記事はこちらです。】

C班長とこそこそ話しているうちに、菅生の番が回ってきました。

しょうがないので立ち上がり、自己紹介と目標を発表します。

菅生
菅生

菅生です。目標は独立ですが、その前にA社の一員として立派に活躍できるようになりたいです。

もうアホらしくて一切やる気がないので、入社式とほぼ同じことを言ってやりました。

もし菅生がE班長だったら、死ぬほど怒られていたことでしょう。

その後、バスの中ではビンゴゲームなどのレクで盛り上がります。

ぶっちゃけ、菅生とC班長は一番後ろの席で隠れて寝ていたので、

この辺りの記憶はあまりありません。

気づいた時にはもう海についていました。

ただ、後で聞いた話によると、

レクの最中にもE班長は随時パワハラの被害に遭っていたようです。

海に轟く怒声研修

時刻は確か9時ごろ。(すみません記憶がやや曖昧です)

バスが富津海岸に到着しました。

営業本部長
営業本部長

よし、着いたな。新卒全員降りろ。そして海の方に向かって1列に並べ。

着くなり早々、営業本部長の謎の指示。

言われるがまま、海岸線と水平となるよう並ぶ新卒一同。

全員が並び終えたのを確認する営業本部長。

そして、A社恒例とも言える近所迷惑を扇動します。

営業本部長
営業本部長

お前ら、新卒研修で挨拶の仕方はしっかり教わったな?いいか!水平線まで届くように、力の限り声を出せ!

営業本部長
営業本部長

いらっしゃいませぇぇぇ!こんにちはぁぁぁぁ!

新卒一同
新卒一同

いらっしゃいませぇぇぇ!こんにちはぁぁぁぁ!

あの悪夢の怒声研修の再来です。

流石は営業本部長、教官を超えるパワフルな声の張り方を披露してくれました。

しかし、いくら人のいない海辺とはいえ朝9時にこの怒声は通報されてもおかしくありません。

お巡りさん、こいつ逮捕してくれません?

【怒声研修の記事はこちらです。】

一通りの挨拶を叫び終え、どうやらご満悦の営業本部長。

営業本部長
営業本部長

社長、いかがですか。今年の新卒のパワーは!

社長
社長

はっはっは・・・元気で良いねぇ。

総務人事課長
総務人事課長

大したものですね。

振り向きざまにすかさず社長にアピールする営業本部長。

しかも、自分も怒声に参加することで、ちゃっかり自分の株も上げています。

出世する男はこういうところが違うという点を見せてくれます。

そして、なぜお前が上から目線なんだ総務人事課長。

15時間勤務の後にさらに徹夜で今日の準備をした菅生、

そこに怒声という追い打ちを受け、もうHPはゼロです。

しかし本番はこれから。

昨日準備した食材や飲み物などを用意します。

ちなみに、クーラーボックスを開けてみると、

食材はすでに串に刺した状態になっており、

すぐ焼けるように整えてありました。

副班長をはじめ昨夜最後まで調理してくれた3人、

こいつらは仕事ができます。

バーベキューセットや机、椅子を用意し、

ある程度整ったところでとりあえず乾杯をすることになりました。

高卒はソフトドリンク、それ以外の人はビールを手に取ります。

ちなみに酒が飲めない菅生もソフトドリンクです。

営業本部長
営業本部長

全員飲み物は手に取ったか?ではE班長。乾杯の音頭だ。

E班長
E班長

は、はい。え~皆様、お疲れさまです。本日はこのような良い天気の中、海で研修を行うという・・・

営業本部長
営業本部長

社長への感謝の言葉が先だろうが!!誰のおかげでここに来れているかわかっているのか!!社長、申し訳ありません!あとで徹底的に指導しておきますので・・・

社長
社長

いや、まぁまぁ、楽しくやろうよ。E班長、続けて。

E班長
E班長

も、申し訳ありません。社長、本日はこのような場を授けてくださり誠にありがとうございます。新卒一同、精進したいと思います。それではみなさん、乾杯!

こんなに盛り上がらない乾杯あります?

もっとも、朝とはいえ今は暑い7月。

暑さを吹き飛ばすかの如く、冷えたビールに冷えた空気。

きっと社長のため少しでも涼しい環境を整えようという、

営業本部長の高等戦術だったのでしょう。

ここから先は、まぁ割と自由。

バーベキューを楽しんだり、海で遊んだり。

周囲を見渡すと、

高卒の男どもと一緒にメシを食う社長、

女性社員にちょっかいを出す営業本部長、

海パンを忘れたらしくトランクス姿で海で遊ぶ巨漢など、

各自好きなように振る舞います。

そんな楽しんでる連中を横目に、

もはやくたばる寸前の菅生とC班長。

日陰で涼みながら、早く帰る時間になってくれと願います。

菅生
菅生

C班長・・・遊ばねーの?

C班長
C班長

・・・疲れたさー。

菅生
菅生

・・・みんな、海入って楽しそうだな・・・C班長も入ってくれば?

C班長
C班長

・・・いや、おれは無理だ・・・あの海、黒いさー。

沖縄出身のC班長からすると、千葉の海は黒いさーとのこと。

たしかに、沖縄の海は緑で綺麗さー。

そんな菅生たちをよそに、気の毒なのは、やはりE班長。

菅生たちと同じく疲れが溜まっているはずですが、

ことあるごとに営業本部長からパシられたり罵声を浴びせられたりで、

菅生たちのように休む時間が取れません。

そうこうしているうちに、時刻は15時。

そろそろ帰る時間です。

各自協力して帰り支度、順次バスに乗り込みます。

帰りのバスの中は、流石にみんな疲れたのか、やたら静か。

休息を取っていた菅生とC班長が一番元気だったかもしれません。

新宿に着いたころ、時刻は18時。

その場で解散となり、海研修という名の役員接待は無事に終えました。

菅生にとっては、

  • 昨日の15時間のOJT
  • その後徹夜で5時間かけて準備
  • そしてバス移動と海で過ごす10時間

合計30時間の戦いがようやく終わったのです。

ですが、疲れ切っているはずなのに、

それ以上に18時にもう帰れるという事実がとてもうれしいと感じるあたり、

完全にブラック慣れしてしまっています。

というわけでルンルン気分で帰宅し、ゆっくり休みます。

翌日、大変なことが起こるとも知らずに・・・

E班長、消ゆ

海研修が終わった翌日。

菅生はいつも通り調布店のランチ営業から出社していました。

ランチ営業後、夜の営業に向けた準備も終わりかけていたとき、

C班長から電話が。

C班長
C班長

修ちゃん、大変だ!

菅生
菅生

!?どうした?

C班長
C班長

E班長が飛んだ!!

飛んだ!?

パワハラに耐えかねて頭のネジが飛んだ!?

それともまさか飛び降り・・・!?

色々と推測してしまいそうですが、

実は「飛ぶ」というのは飲食業界では「バックレ」を意味しており、

社員やバイトが飛ぶのは日常茶飯事だったりします。

つまり、E班長はこの日、仕事をバックレたということです。

新卒の中でも有望株と目されていたE班長が飛んだのは一大事で、

総務人事課長をはじめ本社でも騒ぎになっていたようです。

時間になっても店に来ず、連絡もつかないE班長について何か知らないかと、

C班長のもとに総務人事課長から電話があったとのこと。

C班長
C班長

おれが電話しても出ないんだ!修ちゃんも電話してみてくれる!?

菅生
菅生

わかった!

A社にとっても一大事かもしれませんが、

菅生やC班長にとって、苦楽を共にしているE班長がいなくなる辛さは比ではありません。

しかし、菅生が電話をしてもつながらず、

しばらくE班長とは音信不通の状態でした。

その日の営業が終わり、家に着いた頃。

一本の着信が。画面表示を見ると相手はE班長!

慌てて電話を取ります。

菅生
菅生

E班長!どうしたんだよ今日は!?騒ぎになってたぞ!

E班長
E班長

ごめん・・・修ちゃんやC班長にも迷惑かけたみたいだね・・・

菅生
菅生

俺らは別にいいけど、どうしたのさ今日。体調でも崩したのか?

E班長
E班長

それが・・・自分でも良くわからないんだ。

以前、E班には「自分が何をしているのかわからなくなった」と言い辞めていった者が居ましたが、

どうやらE班は見失いグセのある人が多いようです。

【E班から1人辞めた話はこちらです。】

それはさておき、

33歳になった今の菅生は、これまでA社や現在の職場などで多くの人と関わってきましたが、

「自分でも良くわからない」と言いながらふさぎ込んでいる状態は、かなりの危険信号です。

今ならはっきりわかりますが、

この時のE班長は、十中八九、うつ状態か、うつになりかけています。

原因は明らか、営業本部長です。

毎日のパワハラで追い詰められていたところに、

昨日の海研修がとどめになったのでしょう。

菅生
菅生

明日から・・・どうするの?

E班長
E班長

もう行けないよ・・・僕はもう、限界だよ。

菅生
菅生

そんな・・・!一緒に頑張ってきたんだし、もう一回チャレンジしてみようよ。

E班長
E班長

ごめん・・・無理だよ。修ちゃんやC班長ともっと一緒に働きたかったけど・・・もう身体が動かないんだ。

もうE班長は限界のようでした。

実はこの時、既に総務人事課長には辞める旨を伝えていたようで、

とりあえずまだ保留の段階のようですが、

本社への連絡がひと段落したタイミングで菅生に電話してくれたようでした。

E班長
E班長

修ちゃん・・・短い間だったけど、ありがとう。また飲みに行こうね・・・

そう言い残し、E班長はA社を去っていきました。

入社式時点では、

新卒の中で出世頭最有力候補とまで言われていたE班長。

その証拠に、入社式の全体写真でもE班長はど真ん中で写っていました。

しかし、その過大な期待がプレッシャーとなり、

そこへパワハラが加わり潰れてしまいました。

A社に入社した故の悲劇。

もっと普通の企業にE班長が入社していたら、きっと活躍していたことでしょう・・・

ブラック企業に入社するとこうなる、という事例として、

いま就職活動を頑張るみなさまの警鐘となれば幸いです・・・

「ブラック企業の奴隷量産~社内塾と独立支援制度の真相~」につづきます。

【第二新卒の転職相談をしてみる】

【退職代行サービスに相談してみる】

【ブラック企業シリーズまとめ記事です。】

ブラック企業転職のススメ~体験談をもとにブラック企業の特徴を書きます~
ブラック企業くたばれと、ブラック企業に勤める多くの方はお思いではないでしょうか。かくいう菅生(すごう)も、昔はブラック企業に勤めていました。叱責や暴力などのパワハラ、長時間労働に見合わない安...

コメント

タイトルとURLをコピーしました