関西風のうな重を東京で!「にょろ助 赤坂」で地焼きのうなぎを楽しもう!

スポンサーリンク
食べある記

夏はうなぎが食べたいねぇ~

って、やっぱり思っちゃう菅生です。

東京では当然、関東風のうなぎを提供するお店がほとんどですが、

関西風のうなぎを楽しめるお店もあるのでご紹介します!

【本記事で紹介するお店】

  • お店の名前:にょろ助 赤坂
  • エリア:港区赤坂
  • 来店日時:2021年7月30日 12時ごろ
  • 移動手段:職場からタクシー
  • メニュー:うな重&肝吸い

【菅生の感想】

味:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
店内の雰囲気:2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)
コスパ:3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
また行きたい度:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

都内では珍しい、関西風うなぎを提供するお店

今回ご紹介するのは、都内では珍しく、

関西風のうなぎを提供するお店「にょろ助 赤坂」です。

にょろ助 赤坂 | 際コーポレーション
当面の間、営業時間を11:00~20:00(19:30L.O.)テイクアウト21:00L.O.と致します。 期間・内容等は変更になる場合がございます。 赤坂一ツ木通り沿い。東京では珍しい、蒸さずに焼く‟地焼き"で提供する鰻店。鰻本来の旨味や脂の乗り、身の歯ごたえが分かります。 夜は鰻一品等もご用意しています。う鍋や鰻の...

あまり知られていませんが、

うなぎは関東と関西で調理法が異なり

ざっくり違いを挙げると、以下のような特徴があります。

  • 関東風:蒸したあとに焼くため、うなぎがふっくらとする
  • 関西風:蒸さずに地焼きするため、香ばしく、よりうなぎの旨みを感じる

【関東風と関西風の違いの記事はこちら】

うなぎの蒲焼は関東風と関西風が存在する!意外と知られていない違いとは
なんと言っても夏はうなぎですよねぇ~と思わずにはいられない、うなぎ好きの菅生です。意外と知られていなかったりするのですが、うなぎの蒲焼には関東風と関西風があることをご存じでしょうか?本記事では、その...

にょろ助はチェーン展開もしているようでして、

赤坂のほかにも、銀座、六本木、浅草などにも店舗があります。

【「うなぎ」の箇所を参照】

RESTAURANT | 際コーポレーション
RESTAURANT - 「ライフスタイル創造企業」際コーポレーションのホームページ レストラン、アパレル、ウエディング、アンティーク、リノベーション、FC、PRなどのご案内をしています。

「にょろ助 赤坂」は駅から徒歩5分程度

上司
上司

うなぎ食いに行くか

っと、いきなり上司に言われ、つれて行ってもらうことに。

職場から歩くとちょっと遠いので、タクシーで向かいました。

昼間っから豪華な待遇に感謝です。

お店に向かう際は、

東京メトロの赤坂駅または赤坂見附駅が最寄りとなります。

徒歩にして5分程度の距離です。

周辺にコインパーキングもありますが、

港区は駐車料金がクソ高いので、おすすめはできません。

渋い雰囲気を醸し出すお店

お店の外観は下の画像の通り。

うなぎにぴったりな、和の雰囲気です。

店内は意外と広いようで、

HPによると46席あるそうです。

私は今回、一番手前の席に案内されたため、

店内全体の様子はわかりませんでしたが、

外観同様、和の雰囲気の作りです。

もっとも、良くも悪くも、

店内にはこれといった特徴はありません。

意外と安い!

今回注文したのは以下のメニュー。

  • 鰻重(特上):3,800円(税抜)

ランチという意味ではかなり豪華ですが、

うな重という意味ではかなりのコスパと思えます。

もうワンランク下がる鰻重(上)に至っては2,800円!

別の日に、南千住にある鰻の名店「尾花」に行ったのですが、

そちらではうな重が5,300円、

他のメニューも併せて注文したら総額は10,000円ほどになりました。

にょろ助の量コスパっぷりがよくわかります。

【尾花の記事はこちら】

うなぎの名店「尾花」!行列必死なので事前に注意点を押さえて、とろけるようなうなぎを南千住で味わおう!
夏はうなぎが食べたいねぇ~っと、思ったりしませんか?そのような方に、東京のうなぎ名店をご紹介!【本記事で紹介するお店】お店の名前:尾花エリア:荒川区南千住来店日時:2021年8月1日 16時ごろ移動手段:...

他にもいろいろなメニューがあり、

メニュー全体通して、比較的割安であることが伺えます。

https://kiwa-group.co.jp/wp5/wp-content/uploads/2021/05/nyori_akasaka_0522.pdf

初の関西風うな重は、衝撃的に美味かった

注文から約20分。

鰻重さまのお出ましです。

うなぎさん、ハミ出ちゃってますよ。

いやはや大ボリュームですね。

器の大きさを間違えたのでしょうか?

人生初の関西風うな重、早速食してみます。

関東風とは全然違う。

なんというか、香ばしく、少し固い。

普段食べている関東風のうなぎは、

ふわふわの食感で、名店のうなぎはまさに溶けるような感覚ですが、

このうなぎは、しっかりと「身を食す」という感覚を受けます。

極端な例えですが、

鯛の煮付けと、鯛の塩焼きで比較するとわかりやすいかもしれません。

この関西風のうなぎは、焼き魚であることを感じられます。

ただ、かといって普通の焼き魚ほど身がしっかり固いわけではなく、

「蒸したうなぎと比較すると、やや固い」といった程度です。

これは、関東風のうなぎでは得られない味と食感です。

これが「焼き魚」であることを最も強く感じたのは、

身の先端部分、やや焦げた箇所です。

大事なことなので、

どアップにして2回言いました。

このお焦げの部分、本当に美味い。

焼き鮭の皮なんかも、お焦げがあっておいしいですが、

まさにそれの究極系です。

うなぎの身の味、蒲焼のタレ、そしてお焦げ。

この3つが合わさり、他のどの料理にもない、

最高の味といって間違いないと思っています。

まとめ

  • 関西風の地焼きうなぎ
  • 大ボリュームのうなぎ
  • 他の店では味わえない「お焦げ」
  • それでいて良コスパ

これらの点から、菅生は大満足でした。

いろいろなうなぎ料理を食べてきましたが、

この関西風鰻重に勝るうなぎ料理は、いまのところありません。

今回は上司に連れられてきましたが、

次回、プライベートでぜひ来たいと思います。

あまり今回は写真を撮れませんでしたが、

プライベートで来る際は、より多く写真を撮り、

良質な記事を書きたいと思います。

次は、白焼きで決まりです。

それでは。

【うなぎはお中元にもピッタリ】

【より雰囲気を出すならやっぱり重箱】

コメント

タイトルとURLをコピーしました